2006年 08月 27日

蒲田幻想物語2 予約用記事

予約をご希望の方はこちらの記事にコメントで

・お名前(ハンドルネーム可)
・好きなボスの名前

をお願いします。
予約受付は先着72名までとなります。
9/16の午前0時をもって予約受付終了とします。
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-08-27 14:20 | 幻想ノ宴/大会関連
2006年 08月 04日

昨日の記事の続き

氏からメールが届きました。

続きを読む
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-08-04 02:29 | その他
2006年 08月 03日

残念なことですが

幻想ノ宴に限らず、カードゲームを愛好する人間として看過することのできない事態が発生してしまいました。

詳細はMoreに。
私としても心苦しい内容ですので自分のサイトを閲覧するたびに目に入るのは堪えがたいものがあります。

ですが、宴プレイヤーとしてゲームへの公正性を貴ぶ意思のある方はご一読を。
結果として不快感を感じるかもしれません。というよりも大多数の方は以下の記事を読んで不快感を感じるでしょう。

それでも、できるだけ多くの方の目に触れるべき内容だと思っています。

続きを読む
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-08-03 03:45 | その他
2006年 07月 18日

蒲田幻想物語 結果

小雨の中42名の方にご参加いただきました。
参加された皆様はお疲れ様でした。

全体的に大会慣れした参加者の方に助けられた大会でした。
今回採用した「エキストラ5ターン」は今後も大会を続ける限り採用しますので、この機会にどういうルールなのか覚えていただければと思います。

7/17 蒲田幻想物語
参加者42名 スイスドロー6回戦

優勝 ホントイ氏 咲夜3妖夢1 18pt
2位 タイチョー氏 霊夢4 15pt
3位 七味氏 紫4 15pt
4位 ケイゴ氏 紫3レミリア1 15pt
5位 まどかひふみ氏 妖夢1幽々子3 13pt

リーダーは左端のキャラです。
デッキリストは詳細情報に。

詳細情報を見る
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-07-18 02:19 | 幻想ノ宴/大会関連
2006年 07月 01日

蒲田幻想物語 詳細

日時 : 7/17 (月・祝)
形式 : スイスドロートーナメント 1本先取6回戦予定
定員 : 72名
参加費 : 400円
場所 : 大田区民センター(マピオン地図)
交通 : JR京浜東北線 蒲田駅 西口を出て、正面に見えるサンライズカマタショッピングモールを直進。アーケードを抜けた少し先にデイリーヤマザキ(会場最寄コンビニ)があるのでそこの十字路を左折、線路を渡って500mほど直進した左側です。駅から徒歩15分程度。


■タイムテーブル
11:00 開場
12:00 予約者受付開始
12:30 当日受付開始
13:00 デッキリスト提出締切
13:10 1回戦ペアリング発表
13:15 開会式
13:30-14:15 1回戦
14:20-15:05 2回戦
15:10-15:55 3回戦
16:00-16:45 4回戦
16:50-17:35 5回戦
17:40-18:25 6回戦
18:45 閉会式
20:00 閉場


■ルール補足
・大会開始前にデッキリストの提出を行って頂きます。デッキリストの提出を以って大会参加受付完了となりますのでご注意ください。またデッキリストの内容についてWeb等での公開を行う場合があります。あらかじめご了承ください。
・大会中のデッキのカードの入れ替えはできません。
・プロキシカードの使用は不可です。
・1試合は35分間+エキストラ5ターン制で行います。

【エキストラ5ターン】
 規定の時間が終了したターンの次のターンを1ターン目として、追加の5ターンをプレイします。この5ターンで勝敗が決まらない場合引き分けとなります。追加ターンのプレイに充てる時間は10分以内を目安としてください。

■禁止事項
今大会では以下の事項を禁止します。

・デッキにスリーブを使用しない。
・裏面が透明あるいは半透明なスリーブを使用する。
・カウンターとして電卓や携帯電話を使用する。
・カウンターとして硬貨を使用する。
・試合中に対戦相手およびジャッジ以外の人間と会話する。

主に公平な大会運営を目指す上で必要であると判断したものです。ご理解とご協力をお願いいたします。
スリーブに関して補足ですが、普通の不透明スリーブ(無地のものが望ましい)をご使用いただければ問題ありません。また、キャラクターカードのスリーブに関しては不問です。

■その他の注意事項
・会場は飲食自由です。ただしゴミはすべて持ち帰ってください。
・黒か青のボールペンを必ずご用意ください。

■予約について
 こちらの記事を参照してください。
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-07-01 03:22 | 幻想ノ宴/大会関連
2006年 07月 01日

蒲田幻想物語 予約用記事

予約をご希望の方はこちらの記事にコメントで

・お名前(ハンドルネーム可)
・幻想ノ宴で一番好きなイラストのカード名

をお願いします。
予約受付は先着72名までとなります。
7/16の午前0時をもって予約受付終了とします。
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-07-01 03:20 | 幻想ノ宴/大会関連
2006年 06月 05日

第1回幻想ノ宴大会(仮題)終了

参加した皆様お疲れ様でした。
抽選漏れしてしまった方はそれ以上にお疲れ様でした。申し訳ありません。次回以降またよろしくお願いいたします。

というか俺も人数に余裕があれば参加したかったんですが着くなりシャアさん(主催の人)に「お前ジャッジな」と申し渡されました。最初から30人以上来たらジャッジやるつもりではいたのですが、まさか参加希望者55人とは。筆者の予想の約2倍の人数でした。

会場に使わせてもらったミントというお店のキャパシティがそもそも34名程度なので、今回の参加者31名というのは上限いっぱいなんです。どうかご理解ください。

一応筆者の記録している限りの上位入賞者を掲載しておきます。
さらに詳しい情報はシャアさんのブログ琥珀色の珊瑚礁にそのうち載ると思いますのでそちらをご覧ください。
スイスドロー4回戦でした。

1位 ムゲン氏 紫1幽々子3 12pt
2位 ヒロカワ氏 紫1幽々子3 10pt
3位 ヤス氏 霊夢3紫1 9pt

いずれも左端のキャラがリーダーです。
ポイントは勝ち点です(勝ち3点 引き分け1点 負け0点)。


あと会場でも告知した筆者の主催大会なんですが、今回の参加希望者と併設を考えていたLFの大会の会場キャパシティを考慮して協議した結果、7/30に併設開催するのは避けるべきという結論に達しました。
よって申し訳ないのですが7/30には大会を行いません。
そのかわりに、日取りを改めて7月中旬の開催を予定しています。
会場も綾瀬と告知していたのですが変わる可能性が高いです。これはまだどうなるか判りませんので決定し次第お伝えしたいと思います。

不手際もありましたが本日はありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-06-05 02:02 | 幻想ノ宴/大会関連
2006年 05月 26日

デッキの組み方(1) スペルカードの枚数

誰もが最初に悩むと思われる、「スペルは何枚くらい積めば適正なの?」のお話。

一般に、デッキに搭載されている最も起動呪力の重いスペルカードは呪力5~8程度になると思います。
ここでは仮に6としましょう。
呪力6のスペルを毎ターン起動して攻撃に使用するためにはスペルを何枚引けばよいでしょうか?
答えは、

必要スペルカード枚数 = (起動呪力 + 攻撃に使うスペル自身)枚

となります。
原則として、充填フェイズには攻撃に使うスペルは起動済みのはずなので、これは呪力を生んでくれません。
よって 6+1 = 7 となり、スペルカードを7枚置けば安定した戦線を展開できることが分かります。

さて、スペルを7枚配置するには当然7ターンかかります。またこれも当然ですが、スペルを7枚引かなければ7枚のスペルを配置することはできません。

このゲームは先手有利なので先手で考えますが、初手6枚に6枚のドローをあわせて12枚。この12枚のうちにスペルが最低7枚あればいいのですから、スペル:その他 = 7 : 5 となるように枚数を決めればいいのです。

結論を言うと、40*7/12 を計算して 23.333… となりますので、一般的なデッキでのスペルカードの適正枚数は23~24枚となります。
筆者の体感的にもこれは妥当な数値かと思います。

※2006/7/5追記
発売直後の記事なので仮定が微妙です。
が、「呪力6のスペルを起動する」を「攻撃および迎撃スペルあわせて呪力6払って起動する」と読み替えれば概ね問題ない内容だと思いますので本文には手は加えません。
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-05-26 02:48 | 幻想ノ宴/ビギナー向け
2006年 05月 25日

大会宣伝

雛札製作委員会さんのサイトで告知されていたのでもうほとんどの方は知っているかと思いますが、FateTCGの大会主催で鳴らしたシャアさんが幻想ノ宴の大会を開いてくださるようです。
ので一応こちらでもお知らせ。

詳しくはこちらからどうぞ。

余談ですが会場のHGミント秋葉原店(マピオン住所検索結果)は筆者の行きつけのショップでもあります。店員さんに「いま神嶋って人いますか?」と聞いてもらえればもしかしたらお会いできるかもしれません。
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-05-25 02:05 | 幻想ノ宴/大会関連
2006年 05月 24日

確率覚え書き

40枚デッキからn枚引いたとき、3枚入っているカードを最低1枚引く確率は
1 - (そのカードを1枚も引かない確率) になります。

以下はnに6から20までの整数を代入した際の概算確率です。
暗記する必要はありません。
プレイする上であんまり役に立つことでもありません。
ですが参考や指標にはなります。

n=6 (先手1T/後手0T) 39.5%
n=7 (先手2T/後手1T) 44.8%
n=8 (先手3T/後手2T) 49.8%
n=9 (先手4T/後手3T) 54.6%
n=10 (先手5T/後手4T) 59.0%
n=11 (先手6T/後手5T) 63.1%
n=12 (先手7T/後手6T) 66.9%
n=13 (先手8T/後手7T) 70.4%
n=14 (先手9T/後手8T) 73.7%
n=15 (先手10T/後手9T) 76.8%
n=16 (先手11T/後手10T) 79.6%
n=17 (先手12T/後手11T) 82.1%
n=18 (先手13T/後手12T) 84.5%
n=19 (先手14T/後手13T) 86.6%
n=20 (先手15T/後手14T) 88.5%

これはあくまで「特定の1種類の3積みカードを最低1枚引く確率」です。
2枚以上引く場合も含んでいます。


おまけ。
一般的な「デッキ60枚、同名カード4枚まで」のカードゲームと「デッキ40枚、同名カード3枚まで」のカードゲームを比較すると、
4 : 60 = 1 : 15
3 : 40 = 1 : 13.333…
となり、後者のほうが若干「フル搭載した場合のデッキ内でのそのカードの割合」が高くなります。
1積みの場合はこの差はもっと顕著になります。
つまり40枚デッキのゲームのほうが状況の再現性が高いということです。もっと有り体に言うと運の要素が低くなります。
まさしく若干と言うべき程度の差ですが。
[PR]

# by udonge_kamisima | 2006-05-24 01:57 | 幻想ノ宴/経験者向け