<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 26日

デッキの組み方(1) スペルカードの枚数

誰もが最初に悩むと思われる、「スペルは何枚くらい積めば適正なの?」のお話。

一般に、デッキに搭載されている最も起動呪力の重いスペルカードは呪力5~8程度になると思います。
ここでは仮に6としましょう。
呪力6のスペルを毎ターン起動して攻撃に使用するためにはスペルを何枚引けばよいでしょうか?
答えは、

必要スペルカード枚数 = (起動呪力 + 攻撃に使うスペル自身)枚

となります。
原則として、充填フェイズには攻撃に使うスペルは起動済みのはずなので、これは呪力を生んでくれません。
よって 6+1 = 7 となり、スペルカードを7枚置けば安定した戦線を展開できることが分かります。

さて、スペルを7枚配置するには当然7ターンかかります。またこれも当然ですが、スペルを7枚引かなければ7枚のスペルを配置することはできません。

このゲームは先手有利なので先手で考えますが、初手6枚に6枚のドローをあわせて12枚。この12枚のうちにスペルが最低7枚あればいいのですから、スペル:その他 = 7 : 5 となるように枚数を決めればいいのです。

結論を言うと、40*7/12 を計算して 23.333… となりますので、一般的なデッキでのスペルカードの適正枚数は23~24枚となります。
筆者の体感的にもこれは妥当な数値かと思います。

※2006/7/5追記
発売直後の記事なので仮定が微妙です。
が、「呪力6のスペルを起動する」を「攻撃および迎撃スペルあわせて呪力6払って起動する」と読み替えれば概ね問題ない内容だと思いますので本文には手は加えません。
[PR]

by udonge_kamisima | 2006-05-26 02:48 | 幻想ノ宴/ビギナー向け
2006年 05月 25日

大会宣伝

雛札製作委員会さんのサイトで告知されていたのでもうほとんどの方は知っているかと思いますが、FateTCGの大会主催で鳴らしたシャアさんが幻想ノ宴の大会を開いてくださるようです。
ので一応こちらでもお知らせ。

詳しくはこちらからどうぞ。

余談ですが会場のHGミント秋葉原店(マピオン住所検索結果)は筆者の行きつけのショップでもあります。店員さんに「いま神嶋って人いますか?」と聞いてもらえればもしかしたらお会いできるかもしれません。
[PR]

by udonge_kamisima | 2006-05-25 02:05 | 幻想ノ宴/大会関連
2006年 05月 24日

確率覚え書き

40枚デッキからn枚引いたとき、3枚入っているカードを最低1枚引く確率は
1 - (そのカードを1枚も引かない確率) になります。

以下はnに6から20までの整数を代入した際の概算確率です。
暗記する必要はありません。
プレイする上であんまり役に立つことでもありません。
ですが参考や指標にはなります。

n=6 (先手1T/後手0T) 39.5%
n=7 (先手2T/後手1T) 44.8%
n=8 (先手3T/後手2T) 49.8%
n=9 (先手4T/後手3T) 54.6%
n=10 (先手5T/後手4T) 59.0%
n=11 (先手6T/後手5T) 63.1%
n=12 (先手7T/後手6T) 66.9%
n=13 (先手8T/後手7T) 70.4%
n=14 (先手9T/後手8T) 73.7%
n=15 (先手10T/後手9T) 76.8%
n=16 (先手11T/後手10T) 79.6%
n=17 (先手12T/後手11T) 82.1%
n=18 (先手13T/後手12T) 84.5%
n=19 (先手14T/後手13T) 86.6%
n=20 (先手15T/後手14T) 88.5%

これはあくまで「特定の1種類の3積みカードを最低1枚引く確率」です。
2枚以上引く場合も含んでいます。


おまけ。
一般的な「デッキ60枚、同名カード4枚まで」のカードゲームと「デッキ40枚、同名カード3枚まで」のカードゲームを比較すると、
4 : 60 = 1 : 15
3 : 40 = 1 : 13.333…
となり、後者のほうが若干「フル搭載した場合のデッキ内でのそのカードの割合」が高くなります。
1積みの場合はこの差はもっと顕著になります。
つまり40枚デッキのゲームのほうが状況の再現性が高いということです。もっと有り体に言うと運の要素が低くなります。
まさしく若干と言うべき程度の差ですが。
[PR]

by udonge_kamisima | 2006-05-24 01:57 | 幻想ノ宴/経験者向け
2006年 05月 23日

宴の準備

幻想ノ宴をプレイするにあたって必要なもの、用意するといいものについてです。

・デッキ
・ライフ/呪力カウンター
・スリーブ

【デッキ】
言うまでもないですね。

【カウンター】
幻想ノ宴は、ゲーム中に呪力と体力を管理する必要があります。
記憶力だけでプレイしようとすると普通の人はおそらく破綻します。体力くらいなら覚えられそうなものですが、呪力が毎ターン小刻みに増えたり減ったりするのでまず無理です。
(それに、大会などでは記憶でのプレイは混乱を招きます)
そこでライフカウンターを使うわけです。
マジックでよく使うダイヤル式?のライフカウンターは1~40程度まで数えられます。大抵のカードショップに200~400円くらいで置いてあります。これが2個あれば呪力と体力を数えるには十分です。
あるいはダイスを数個用意する手もあるでしょう。
もっと確実にメモ帳などに筆記する手もあります。

しかし当ブログでは、それらとは別に推奨アイテムをご紹介します。
プラスチック製デュアルライフカウンターです。
http://www.hbst.net/shouhin/others/index.html#a2
1~30までカウントできるダイヤル式カウンターが左右にひとつずつ付いているので、これだけあれば幻想ノ宴をプレイできます。URLではシールが貼られたものしか紹介されていませんが、店舗によっては無地のものも扱っています。
ただし問題点は取扱店の少なさで、筆者の知る限り1店舗でしか売っているのを見たことがありません。
http://www.hbstation.sakura.ne.jp/shop/index.html
一番上の秋葉原店では確実に扱っているはずです。未確認ですがチェーン店なら置いているかもしれません。
かなりおすすめですので入手可能な方はお試しください。

【スリーブ】
TCG慣れしている方には当然のことと思いますが、カードを入れる薄いプラスチック製のシートのようなものです。カード自体に傷が付いたり印刷がかすれたりするのを防ぎます。
また幻想ノ宴は、印刷工程上の都合かと思いますがカードの裏面の印刷が完全に均一ではありません。あらぬ疑いを防ぐためにも、カード背面が完全に見えないくらいの濃さの色付きスリーブを使うことを推奨します。

あ、これは人それぞれですが裏面は完全無地にしておいたほうが無難ですよ。
[PR]

by udonge_kamisima | 2006-05-23 00:52 | 幻想ノ宴/ビギナー向け
2006年 05月 22日

幻想ノ宴MS-IME用辞書

とりあえず手土産ということで、MS-IME用の幻想ノ宴カード名辞書ファイルを作成しました。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kamisima/gensou_dic.txt

テキストファイルをローカルに保存して辞書ツールの「テキストファイルからの登録」で読み込ませてください。

使い方は……MtGの有名な辞書ファイルと同じなのでお分かりの方もいると思いますが、全角@のあとに変換したいカード名を入れて変換してください。このとき入力するカード名はある程度簡略したものでも変換できるようになっています。
たとえば、

@えいえんをきる → 《永遠を斬る》
@ふしぎなみこ → 《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》

といった感じです。

改善提案などお待ちしています。
特に《》の要不要は結構悩みました。

※2006/5/23更新
一部の誤字などを訂正しました。

※2006/5/23更新2
誤字などを大幅に訂正しました。

※2006/5/25更新
≪≫を《》に変更しました。こちらの方がブラウザ上での見栄えがいいはずです。
[PR]

by udonge_kamisima | 2006-05-22 02:41 | 幻想ノ宴/ビギナー向け
2006年 05月 22日

挨拶にかえて

はじめまして。
あるいは他のTCGなどで筆者を知っている方もいらっしゃるかもしれませんが。
いずれにせよ、どうぞよろしくお願いします。

このブログは幻想ノ宴攻略ブログを謳ってはいますが、実際のところそこまで大それたものになるつもりはありません。気軽に適当に幻想ノ宴についていろいろ書いていこうというのが主な趣旨になります。

当ブログは以下のような方におすすめ(になる予定)です。

・これから幻想ノ宴を始めようとしている方
・幻想ノ宴を買ったはいいもののどうすればいいかわからない方
・カードゲーム自体ほとんど触ったことのない方

・カードゲーム経験者で幻想ノ宴を楽しみたい方
・幻想ノ宴で強くなりたい方
[PR]

by udonge_kamisima | 2006-05-22 01:49 | その他
2006年 05月 21日

筆者略歴

ハンドルネーム:神嶋
メールアドレス:ryo_ya_an@ホットメール
(MSNメッセンジャーもやってます。何か御用がありましたらどうぞ)

東方を知った時期:紅魔郷発売のちょっと後
一番好きな東方作品:東方妖々夢
一番好きな東方キャラ:うどんげ

カードゲーム略歴:
【MtG】
 一介のプレイヤー。引退して復帰して現役。
【LEAF FIGHT】
 一介のプレイヤー。
【Rumbling Angel】
 2004年度全国決勝で準優勝。
 →http://www.silverblitz.com/RumblingAngel/event_ot_2004_tornade_report.html
【Lycee】
 引退。
[PR]

by udonge_kamisima | 2006-05-21 00:00 | その他